2017年09月19日

第49回横浜国際チビッ子サッカー大会〜U10の部 予選〜

こんばんは、U10(主にU9)担当コーチHです。

いよいよ国チビ予選がスタートしました。

春の成績から1部の大会に参加する事になります。

抽選の結果、組み合わせは以下の通りになりました。

U10-1-14ブロック(順不同)
・横浜川和FC-A
・黒滝SC
・夏山SC
・FCカルパ
・エストレーラFC-A
・FCサンダース

春に逃した予選突破を直近の目標に臨みました。

私は初日しか観戦できませんでしたが、どの試合も1点差を争うような緊迫した試合展開で、各選手の個人技やチームプレーの質の高さに驚かされました。

サンダースは、春に得失点差で惜しくも3位で決勝トーナメントに進出できなかった悔しさをバネに夏合宿や厳しい練習に取り組んできました。

その努力が今回は見事に実を結んだんだと思います。

厳しい1点差勝負で勝てたのも、苦しい状況の中で、最後までパフォーマンスを落とさずに気持ちも切らさずプレー出来るだけの体力・メンタル力を積み重ねた成果だと思います。

最終結果:4勝1敗 2位通過

〜予選ブロック最終結果〜

VS 黒滝SC ○1-0
@とわ(かずと)

VS 横浜川和FC-A ●1-2
@つばさ(直接FK)

VS 夏山SC 〇4-0
@とわ(つばさ)
Aつばさ(とわCK)
Bつばさ(かずと)
Cとわ(かあと)

VS FCカルパ 〇6-0
@つばさ(しょうた)
Aしょうた(つばさ)
Bつばさ(せんりょう)
Cしょうた(とわCK)
Dおうは
Eつばさ(いくと)

VS エストレーラFC-A 〇4-0
@かいせい(しょうた)
Aつばさ(とわ)
Bとわ(つばさ)
Cしょうた(つばさ)

〜担当コーチ総評〜

4勝1敗 勝点12で、予選ブロックを2位通過となりました。
結果的に点差が開いた試合もありましたが、簡単な試合は一つもありませんでした。相手がボールを保持する時間、被シュート本数もかなりあり、相手に流れがある状況でもしっかり我慢して失点しなかったことが予選突破に繋がりました。
その点で、全試合通して素晴らしいプレーを見せてくれたCBかあと・GKせんりょうは予選突破の原動力だったと思います。

たくさんの保護者の皆様、サポートと応援をして頂きありがとうございました。
皆様の大きな声が選手達を後押しし、最後まで戦う力となりました。

まだ決勝トーナメントの日程・対戦チームは決まっていませんが、選手達と共に市内強豪チームに全力でチャレンジしていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

また、ブロック幹事の横浜川和FCさんをはじめ予選ブロックで対戦して頂いたチームのみなさま、ありがとうございました。

今回の対戦を機会に今後もお付き合い頂けたら幸いです。

Aチームは決勝トーナメント進出を決めました。

3年生チームで挑むあすなろ大会がもうすぐ始まります。

Bチームは春の大会同様、まずは決勝トーナメント進出を目標にがんばってもらいたいと思います。
posted by FCサンダース U-10 at 21:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする