2018年03月31日

【U-10A】栄区大会(U-10Aの部)2日目

Aチームも2日目を迎えました。

B・Cチームも良い結果を残しているのでAチームもその勢いに乗りたいところです。

〜結果〜

vs 西本郷FC
4-0 ○勝ち(前半1-0、後半3-0)

@G:オウハ
AG:ミナト
BG:アオイ、A:ルネ
CG:ミナト、A:オウハ

vs 小山台SC
4-0 ○勝ち(前半2-0、後半2-0)

@G:リク
AG:オウハ、A:リク
BG:アオイ(PK)
CG:アオイ

1試合目の西本郷FCさんですが、昨年度は栄区大会・小菅ヶ谷大会では拮抗した対戦が続いており、カテゴリ最高学年になってどの程度通用するかひとつポイントとなる試合でした。

試合開始早々からボールを保持し相手陣内でプレーするも、前半終わって1-0。
この1点もミドルレンジからのラッキーなシュートだったので、しっかり崩しての得点はまだありません。

ハーフタイムでは、もっとゴールに向かうプレーを心掛けようと選手たちに伝えました。

後半に入り、両サイドに加えて中央のスペースを使った有効的な攻撃が出来ていたと思います。

中でも3点目につながったルネのプレーが印象的でした。
これまでは、ボールを受けてから相手のプレスが無い状態でまだ味方が遠い位置にも関わらず無理なパスをしていましたが、DFラインでボールを受けてから前が空いている状況を理解し、中央でボールを運び相手が寄せてきたタイミングでトップのアオイに出したパスには成長を感じました。

ただ、サイドから崩しても肝心なセンタリングが全て相手ゴール方向に飛んでしまい、GKに取られたりゴールキックになってしまい、改善すべき点はしっかり次の試合以降につなげて欲しいです。

2試合目の小山台SCさんは7人での参加という事で、数的有利を活かしたプレーを期待しましたが、何人かボールを持てる選手がいた事と、DFラインの守備がしっかりしていたこともあり思ったほど点につながる場面がありませんでした。

そんな中でも得点につながった4点に関してはどれも素晴らしい形だったと思います。

@左サイドでボールを持ったリクがドリブルで仕掛けて中にカットインしてゴール右隅にシュート。
 カットインからのコースを突いた素晴らしいシュートでした。

Aリクのショートコーナーからオウハが中にボールを運びニアサイドに早いシュートが素晴らしかったです。

Bペナルティエリア内でボールを受けたアオイがゴールに向かって仕掛けたところに相手ファウルをもらってPK。
 ゴールを向いた良い仕掛けでしたし、PKも落ち着いて決めることができました。

C左サイドのオウハから中央のセンリョウへ、さらに右サイドのミナトに展開してセンタリングして直接合わせれなかったものの、混戦からアオイが強烈なシュートをゴールにたたき込みました。
 スペースを探しつつ、ボールを動かしながら何人もの選手が関わった素晴らしいゴールだったと思います。


守備に関しては失点を心配するような場面はありませんが、相手GKのパントキックを後ろにそらしてしまったり、簡単なパスミスをする場面がみられたので今後修正していきたいと思います。

攻撃に関しては単調にならず、自分たちでよく考えて攻めることができていると思います。

スペースを有効に使った攻撃が出来ていると思いますが、どうしても相手陣地の両サイド(コーナースポット付近)にスペースができるので、外に広がってしまいがちになるので、もう少しゴールに向かったプレーも意識してもらえるともっと良くなると思います。


ブロック幹事の横浜栄FCさん、会場設営・撤去・大会運営ありがとうございました。

対戦頂いた西本郷FCさん、小山台SCさん、ありがとうございました。

また、保護者のみなさまも熱い声援をありがとうございます。

引き続きよろしくお願い致します。

HHC
posted by FCサンダース U-10 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

【U-10B・C】栄区大会(U-10Bの部)2日目

栄区大会2日目を迎えました。

B・C各チーム1試合ずつという事で、午前中は午後の試合に向けた練習を軽く行いました。

〜Cチーム結果〜

vs FC本郷-B
1-0 ○勝ち(前半1-0、後半0-0)
@G:タイチ、A:コタロウ(K)

Cチームの対戦相手は優勝候補筆頭のFC本郷-Bさんです。

球際の強さ、前線からのプレス、圧倒的な攻撃力を兼ね備えたチームを相手にいかに戦うかがポイントとなりますが、少しでも相手の攻撃になれるため午前の練習ではAチームに協力してもらい1対1、2対2を繰り返し行いました。

練習の時からもっと差がつくかなと思ってみていましたが新3年生はカラダをあてて粘り強い守備をしていました。

試合が始まり予想した通り防戦一方。

両サイドからの攻撃に加え、センターでもボールをキープされドリブルで仕掛けてくるひやひやとした展開が続きます。

だだ、決定機があったかというと危ないシュートは無く、それもそこに行くまでに足だけの軽い守備にならないようにしっかりとカラダをあてて粘り強く守備をした成果だと思います。

何とか攻撃の糸口をつかみたいところですが中盤でボールを奪えず苦しい展開が続きます。

そんな中でも左サイドから前になんとかボールをフィードして前線からのプレスの結果こぼれた球をコタがセンタリングしたボールにタイチが勢いよく飛び込み相手のミスを誘います。

ラッキーなゴールとなりましたが後にも先にもゴール前での決定機はこの時に得た1点のみでした。

後半に入っても前半と変わらず攻め込まれる場面がほとんどでしたがどの選手もサボることなく全力でプレーしていました。

そして最後まで集中力を切らすことなく1-0で勝利を勝ち取りました。

試合終了後の選手たちの顔には全力でプレーした事による息切れと疲労が表れていましたが、それにも増して全力を尽くして勝ち取った勝利に満面の笑みを見せてくれました。

いよいよ優勝も現実味が出てきましたがまだまだ手ごわいチームとの対戦を残しているので、この勢いで最後まで突っ走って欲しいと思います。

〜Bチーム結果〜

vs 小山台SC-B
3-0 ○勝ち(前半1-0、後半2-0)
G:カケル
G:カケル(PK)
G:カケル、A:コウスケ

Bチームの試合前にCチームが素晴らしい試合を見せてくれました。

先輩たちも恥ずかしい試合は見せれません。

小山台SCさんも新3年生とは思えないほどのプレーをする選手が何人かいて決して油断できる相手ではありません。

この試合では初日の2試合に比べると比較的守備は安定していたように思えます。

その安定した守備に貢献したのがCBのリョウタとCHのサンゴでした。

CBのリョウタは大きな声でチーム全体のポジションのバランスを保ち、サイドチェンジやスペースへのパスでチャンスを演出してくれました。

CHのサンゴは抜かれない守備で相手からボールを奪い攻撃の起点となり、また攻め込まれた時もDFの後ろに回り込むぐらいまでフォローに来てくれました。

今大会、Bチームキャプテン(サンゴ)、副キャプテン(リョウタ)がタイプは違いますが、この日の試合ではそれぞれがプレーでチームを引っ張っていく姿を見せてくれました。

前半こそスコアレスでしたが、安定した守備から徐々に相手のゴールを迫り結果3-0の完封勝利となりました。

3試合目にして初の無失点です。

複数得点で勝ったことも嬉しいですが失点をゼロに抑えたことも意味ある勝利だったと思います。


B・Cチームお互いに3試合ずつ戦い、現時点でBブロック全勝チームはこの2チームのみです。

B・Cで優勝争いができるよう残り4試合まだまだ苦しい試合が続きますが今回は結果にこだわって優勝を目指してがんばって欲しいと思います。

幹事を務めて頂いたFC本郷さん、設営から運営、片付けまでありがとうございました。

対戦頂いたFC本郷さん、小山台SCさんありがとうございました。

応援に駆け付けてくださった保護者のみなさま、Aチームのみんな、心強い応援をありがとうございました。

残すところ2日間となりますが、引き続きよろしくお願い致します。

HHC
posted by FCサンダース U-10 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

【U-10B】栄区大会(U-10Bの部)初日

午前中にAチームの試合が行われた会場でBチームも栄区大会が開幕です。

Aチーム同様に初戦をしっかり戦えるかがポイントです。

B・CチームはBブロックに参戦しており、こちらも計8チームによる総当たりとなります。

〜結果〜
vs FCイーグルス-B
5-2 ○勝ち(前半0-1、後半5-1)
×失点
@G:カケル、A:コタロウ
AG:カケル、A:タヒト
×失点
BG:カケル
CG:コウスケ、A:リョウタ
DG:コタロウ

vs 横浜栄FCジュニア-B
4-1 ○勝ち(前半1-1、後半3-0)
@G:コタロウ
×
AG:カケル
BG:カケル
CG:コタロウ

初戦は主力が新3年生のイーグルス-Bさんとの対戦でした。
恐らく他のチームもBブロックは新3年生主体のチームが多いと思います。

中々リズムに乗れない中、先制点を奪われてしまいます。

優位に試合を進めて欲しいところでしたが、相手の力強いプレスとドリブルのうまさにリズムがつかめません。

新3年生のコーチに聞いたところ、FC本郷さん、FCイーグルスさん、小山台SCさんの新3年生チーム、強いっすよ!!との事。

早く教えてくれー(涙)

と言ってもプレーする選手たちが急にうまくなるわけでもなく、まずは自分たちのプレーができるようにとベンチからもアドバイス。

次第にサンダースの守備も安定し、攻撃のリズムもつかめてきて同点・そして逆転に成功。

このまま優位な展開に持ち込めるかと思った矢先に同点に追いつかれてしまいました。

悪い流れの中でずるずるいってしまうかと思われましたが、カウンター気味に抜け出した形でポンポンポンと3点連取で初戦を勝つことができました。

5点取った中で3点ぐらいはフィジカル(スピード)にモノを言わせて取ったような点なので今後の攻撃の形を作る上で課題は残りましたがまずは結果が残せたことは良かったです。

続く2戦目の横浜栄FCさんですが、私が審判を担当した試合を対戦前に見ることができました。

カラダの大きさから恐らくこちらも新3年生のチームだと思います。(後で聞いたら全員新3年生でした)

どの選手もかなり気持ちが入っていてボールを前に運ぶ、ゴールを奪う気持ちがかなり伝わってきました。

これは2戦目も油断できないぞと挑みましたが、先制点を奪うも同点に追いつかれ、ベンチは不安に包まれます。

が、広いグラウンドに2試合目、交代選手もお互いに十分ではない状況で恐らく体力の差が出たのか相手DFを置き去りにするような形でまたポンポンポンと3点奪うことができました。

1試合目に続き、フィジカルに頼った得点にはなりましたが、初日の2連戦を2勝で終えたことは良かったと思います。


ただ普段Aチームメンバーとプレーしている時に比べて、選手間での声が良く出ていたように思えます。

足元の技術は直ぐには上達しませんが、声出し、選手間のコミュニケーションは気持ちの持ちようでいくらでも良い方向に持っていく事ができます。

Aチームにこれまで頼っていたことが自分たちでやらないとダメだ!という気持ちに変わってくれたら嬉しいです。

Bチームも優勝を目指してがんばって欲しいと思いますが、簡単にはいかないことが分かりましたし、試合の中で色々と修正していかなければいけない事もたくさんあるので1試合1試合大事に戦い、各選手が良い経験を積んで成長して欲しいと思います。

ブロック幹事として設営・撤去・運営頂いたFC本郷さん、ありがとうございました。

対戦頂いたFCイーグルスさん、横浜栄FCさん、ありがとうございました。

たくさん応援に駆け付けて頂いた保護者のみなさん、ありがとうございます。

引き続き子供たちのサポート・応援をよろしくお願い致します。
posted by FCサンダース U-10 at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする