2018年08月26日

【U-10B(Blue/Red)】栄区大会2日目

さて、早いもので夏休みも最終日となりU-10B栄区大会も2日目を迎えました。
初日に思うような結果が残せませんでしたが今回はどうだったのでしょうか。

〜Blue結果〜
・vs FCイーグルス 2-0 ○勝ち
G:こうすけ A:れんたろう
G:こうすけ G:りょうた

・vs 小山台SC 5-2 ○勝ち
G:ゆうと A:こうすけ
G:こうすけ A:りょうた
G:こうすけ A:ゆうと
G:りょうた
G:ともき A:りょうた

〜担当コーチ総評(Blue)〜
チーム目標は、栄区大会を通じて以下としています。
■チーム目標
(1)自分ができるかことは何かを考えてプレーしよう。(人のせいにしないこと。)
(2)攻守の切り替えを早くしよう。
(3)チームで連動してボールを奪いにいこう。
プラス、この日は三浦コーチからお約束事を1個追加。
「点を取ったら、チームみんなで盛り上がろう!」
前回、点が取れず悔しい思いをしたチームを盛り上げます。
いざ試合です。
FCイーグルス戦は、序盤から相手のサイド攻撃を何度も仕掛けられ、守備に追われる苦しい時間が続きました。
攻撃面も、相手の攻撃にDFの3人が引いてしまったため、分厚い攻撃ができず、単調な攻撃に終わっていたように思います。
試合は相手ペースのまま、両チーム無得点で前半を折り返しました。
後半は、DFに入った「ゆうと」がドリブルで攻め上がると、そこから徐々にサンダースペースに。
後半7分、中盤から出たパスから、「れんたろう」がドリブルで果敢に仕掛け、GKと1vs1で遠目からシュート。
コロコロと転がったボールはポストに当たり「外れた!」と思ったところに、「こうすけ」がつめてゴール!(思わずコーチもガッツポーズ)
待望の先制点に、約束通りチームみんなで大喜び。
その後、「りょうた」のミドルシューをブロックされたところを、またも「こうすけ」がつめて2点目。
「こうすけ」は、コーチが初日のサンダースRed戦後に言った、「シュートのこぼれ球をつめると得点のチャンスだよ。」という言葉を信じて、その後のプレーではずっとこぼれ球を狙い続けてくれています。
それを結果につなげ、見事勝利をもぎ取りました。
「こうすけ」、ナイスプレー!
この姿勢はみんなもお手本にしてもらいたいです。

続く小山台戦は、序盤からサンダースペース。
開始早々、「こうすけ」が左サイドを突破し、クロスから「ゆうと」がゴール。
幸先よくこの試合1本目のシュートで先制。その後も「こうすけ」のゴールで2点差に。
ただ、この後が良くありませんでした。
相手GKのパントキックから、DFと、前に出ていたGKのプレスが中途半端になったところを突かれて失点。(なんか嫌な流れ。。。)
続け様、自陣のゴールキックで、パスコースがないまま蹴ったボールを相手にカットされ、相手が蹴った浮き球のボールがバウンドしながらGKの頭上を超えて、2失点。
なんと2点リードから、同点に追いつかれてしまいます。
同点に追いつかれたことで、選手たちに焦りが見られたので、選手たちには落ち着いてプレーするよう声をかけると、徐々にまたサンダースペースに。
すると、「ゆうと」のパスを「こうすけ」が決めて勝ち越し、さらに、前半終了間際に「りょうた」、後半に「ともき」のシュートも決まり、最終的には3点差で勝利しました。
勝っているときでも気の抜けたプレーをしてしまうとそこから思わぬ展開になることがあります。
常に同じプレーをし続けることができると、もっと楽な展開で試合を運ぶことができると思います。
選手たちには、この失点を反省して、次に活かしてほしいです。
ただし、流れが相手チームにいったところを、自分たちで引き戻し、得点を取り、勝利できたことは大きな収穫だったと思います。
選手たち、本当によく頑張りました。
結果この日は念願の2連勝!!
課題はまだまだありますが、少しずつ、勝負を仕掛けるチャレンジ精神、ボールに関わる意識が育ってきていているように思います。
今後も引き続き、どんどんチャレンジし、どんどんボールに関わることで、チーム力を高めていってほしいと思います。

続いて、番外編。
この日の試合前、栄区大会初日の西本郷戦でのフリーキックの失点を反省し、自陣でファウルを取られてしまった時の守備について練習しました。
具合的には、壁の作り方、審判によるセレモニーの進め方を実戦形式で学びました。
すると早速、FCイーグルス戦の後半終了間際。
緊迫した展開の中、ゴール前で味方GKがハンドし、相手ボールの直接フリーキックのピンチ。
ただ、この日のBlueチームは明らかに動きが違います。
もたつくことなく、素早く壁を作ると、見事に相手の攻撃のチャンスを摘み取り、失点することなく、事なきを得ました。
練習しといて良かったね!
最後に、大会役員さんをはじめ、応援に来てくださった保護者の皆様、試合終わりで駆けつけてきてくれたAチームのみんな、ありがとうございました。
皆さまの応援、本当に心強いです。
引き続きの応援をよろしくお願いします。

〜Red結果〜
・vs 小山台SC 5-2 ○勝ち
G:ゆうとB
G:たくみ A:れん
G:たくみ A:らいる
G:こおと A:たくみ
G:れん  A:ゆうとB

・vs 横浜栄FC 0-3 ●負け

〜担当コーチ総評(Red)〜
この日のチーム目標は以下の4つ。
■チーム目標
(1)ボールへの寄せを早くする
(2)連携した動きをする
(3)連動したディフェンス
(4)丁寧にプレーすること
先週の栄区大会の結果があまりにも酷かっただけに、本日はまだ良くなったと思いますが、普段の練習の重要性が露わになりました。
最後に、大会役員さんをはじめ、応援に来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました。
引き続きの応援をよろしくお願いします。
----------------------------------------------------

今回はBlueが2勝、Redが1勝1敗という結果となりました。

Redが1勝1分2敗と少し厳しい状況にはなってしまいましたが、最後までもつれる可能性があるのでがんばって欲しいと思います。
こういった公式戦では結果がもちろん大事ですが3年生のRedの選手たちには来年を見据えしっかりとできた事、できなかった事をしっかりと各自が認識し次につなげられるよう、また試合の中で試行錯誤し成功体験をいかに増やしていけるかといった部分を意識しながら試合に臨んで欲しいと思います。

Blueはまだ自力優勝の可能性は残されているので恐らく天王山になるであろう次節に向けてしっかり準備して欲しいと思います。
幹事で準備・運営頂いた横浜栄FCのみなさま、対戦頂いたチームのみなさま、ありがとうございました。

大会役員さんをはじめ、保護者の皆様もたくさんの応援・サポートをありがとうございました。
引き続きよろしくお願いします。

HHC


posted by FCサンダース U-10 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

【U-10A】栄区大会1日目

一足先にU-10Bの栄区大会が始まりましたがU-10Aブロックも始まりました。

栄区所属の8チームから各1チームがエントリーし、総当たりで順位を決定します。

秋の栄区大会の優勝チームには今の4年生が5年生になった時のNHK杯出場権が与えられます。
NHK杯とは横浜市の各区の代表(区大会優勝チーム)と前年度の優勝・準優勝が出場するかなりハイレベルな大会です。
私自身も秋の栄区大会がNHK杯の予選を兼ねている事を最近知ったというぐらい、サンダースはU-10秋の栄区大会優勝とは無縁でした。
しかし前年度のU-10大会(今の5年生)で見事に優勝しその切符を勝ち取りました。
今回の大会も先輩たちに続く素晴らしい結果を期待しています。

さて、初日の会場となった長浜グラウンドですが2002年W杯で各国の代表チームが練習で使用するぐらい素晴らしく整備されたグラウンドです。
そんな素晴らしいグラウンドに今回7試合中3試合が割り当てられました。(ありがたい)

@vsFCプラタノ 13-0 ○勝ち(前半8-0、後半5-0)
G: リク
G: オウハ
G: センリョウ A: オウハ
G: オウハ A: ソウタロウ
G: ミナト A: オウハ
G: カケル A: オウハ
G: リク A:オウハ
G: オウハ A:ソウタロウ
G: ルネ A: オウハ
G: ミナト
G: オウハ A: ミナト
G: ルネ
G: オウハ

AvsFCイーグルス 11-0 ○勝ち(前半8-0、後半3-0)
G: リク A: ミナト
G: カケル A: ミナト
G: ミナト A: オウハ
G: リク
G: ミナト A: オウハ
G: ミナト A: オウハ
G: リク
G: オウハ
G: リク A: ミナト
G: センリョウ A: リク
G: リク A: コタロウ

天然芝の素晴らしいグラウンドでボールの転がり方や感触を味わいながら広いコートを有効に使いのびのびとした試合運びができたと思います。
まだ大会は始まったばかりですが優勝目指してがんばって欲しいと思います。

大会幹事で準備・運営してくださった西本郷FCのみなさま、対戦して頂いたチームのみなさま、ありがとうございました。

大会役員さんをはじめ、保護者の皆様もたくさんの応援・サポートをありがとうございました。
引き続きよろしくお願いします。


IMG_3077.JPG


HHC
posted by FCサンダース U-10 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

【U-10B(Blue/Red)】栄区大会1日目

夏休みも終わりに近づき栄区大会の時期がやってい参りました。
今回の栄区大会のチーム分けは以下の通り。

U-10Aブロック
・Aチーム(4年生8名、3年生1名)

U-10Bブロック
・Blueチーム(4年生8名、3年生1名)
・Redチーム(3年生10名)

さて、Bブロックではサンダースとして2チームエントリーしており、同チーム同士の対決もあるのですが、両チームともに優勝を目指してがんばって欲しいです。
昨年度、今の4年生がBブロックで念願の優勝を果たしたカテゴリーでもあるので、連覇を狙いたいところです。
Blueチームには4年生として、Redチームには3年生Aチームとしてのプライドをそれぞれ持って戦って欲しいと思います。

さて、初日からいきなりBlueとRedの対決となってしまったのですが、結果はスコアレスドロー・・・。
チームとしては喜ぶべきなのかむずかしいところです。
お互いに全力を尽くした結果であれば素晴らしい事ですが、詳しくは担当コーチ総評で確認しましょう。

サンダースBlue結果
@vs サンダースRed 0-0 △引き分け
Avs 西本郷FC 1-3 ●負け
G:こたろう

サンダースRed結果
@vs サンダースBlue 0-0 △引き分け
Avs FCイーグルス 0-1 ●負け

〜担当コーチ総評(Blue)〜
「Blueチーム」は、4年生8名に、3年生から「れんたろう」を加えた9名体制です。
栄区大会は、キャプテンに「たひと」、副キャプテンに「ともき」で挑みます。(頼むぞキャプテン、副キャプテン!)
この日のチーム目標は前回から変わらず以下の3つ。

■チーム目標
(1)自分ができることが何かを考えてプレーしよう。(人のせいにしないこと。)
(2)攻守の切り替えを早くしよう。
(3)チームで連動してボールを奪いにいこう。
いざ試合です。
2試合を通じて、「決定力不足」でした。
サンダース(Red)戦は、初戦から同チーム対決ということでやりにくい部分があったと思いますが、立ち上がりから終盤までサンダース(Blue)ペースで進められ、ほとんどの時間を相手陣内でプレーできていたように思います。
攻撃では、「たひと」の積極的なドリブルの仕掛けや、「りょうた」の相手の裏をつくスルーパス、「こたろう」、「ゆうと」の突破で何度もチャンスをつくりましたが、肝心のシュートがしっかりと足に当たらず、GKの正面だったり、枠の外だったりと、得点を奪えませんでした。
攻め続けていただけに、悔しい引き分けです。

続く、西本郷も、Red戦同様サンダース(Blue)ペースで試合を進められましたが、先制後に魔の手が潜んでいました。
前半に「こたろう」が流れの中から先制します。
その後もサンダースペースが続く中、前半終了間際、マイボールのコーナーキックをGKにカットされ、GKのパントキックからのカウンター攻撃(1本目のシュート)を決められ同点。
ハーフタイムでは「キーパーのパントキックからのカウンターに気を付けよう。攻撃→守備の切り替えを早くしよう。」と声掛けしました。
が、しかし、後半早々またもやGKのパントキックからカウンター攻撃をしかけられ、それを止めようとカバーに入った選手がたまらずファウル、そのファウルで得たフリーキック(2本目のシュート)を直接決められ逆転。
この後、相手の素晴らしい左足のミドルシュート(3本目のシュート)も決まり、突き放されます。
逆転された後も、前線の「こたろう」、「ともき」、「たひと」、「こうすけ」が連携から何度もチャンスを作るも決めきれずタイムアップ。
シュート数は、相手チーム3本に対し、15本以上のシュートを打ったサンダース。
この試合もペースを掴んでいただけに、悔しい敗戦です。
この日サンダースは30本近いシュートを打って、得点は1点。
惜しいところまで行っているのですが、得点が奪えませんでした。
プレッシャーがある中でゴールを決めるのは、決して簡単なことではありません。
ただ、そこを決められるか決められないかで、勝敗が決まってきます。
普段から練習している足元の技術を試合で活かし、しっかりと蹴れる体制を作ってから落ち着いてシュートできるようになると、得点の確率が上がってくるのかなと思います。

ただ、勝ちこそ奪えませんでしたが、良かった点もあります。
・よく声が出ていたこと。
(「こうすけ」「りょうた」「しん」)
・チームで積極的な守備、カバーが行えていたこと。
(「ゆうと」「こたろう」「しょうた」「ともき」「こうすけ」)
・苦しい状態であっても諦めず、落ち着いてパスをつなぐサッカーをして攻撃を仕掛けられたこと。
(「たひと」「しょうた」「れんたろう」)
・グラウンドを広く使ったポジショニングをしていたこと。(「こうすけ」)
・味方のシュートのこぼれ球をつめようとしていたこと。(「こうすけ」)
これら一つ一つのプレーは、自分たちが試合を進めていく上で有利に働いてくると思います。
ぜひ続けていってもらいたいです。
Blueチームの雰囲気はとても良いです。
今回結果に繋がらなかったのは残念ですが、これにくじけることなく、もう一つ上のプレーを目指してチーム一丸となってがんばってもらいたいです。
コーチ陣も選手たちが少しでもよいプレーができるようにコーチングしていきたいと思います!
一緒にがんばろう!
最後に、大会役員さんをはじめ、応援に来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました。
引き続きの応援をよろしくお願いします。

〜担当コーチ総評(Red)〜
1試合目
vsサンダースBLUE
0-0
終始押され気味でしたが、よく守りました。
少ないチャンスをものにできなかったのが痛かったです。

2試合目
vsイーグルス
0-1
バックパスのミスからの失点。
好機をあまりつくることができず、試合終了。
シュートをブロックしたり、体でボールを奪ったりするなどディフェンス面でよい場面が見られました。
しかし、点が奪えない。ゴールに近づくこともあまりできなかった。
しっかり練習して課題を乗り越えていきたいと思います。

課題
○プレッシャーのかかった時の、とめる、ける、運ぶといった基本的な技能
○オフザボールの動き出しが遅い
○周りを見る
○オンザボール時のプレーの選択
○マーク、インターセプト
○ポジショニング
○ゴールまでのボールの運び方
大会役員さんをはじめ応援に駆けつけてくださったみなさま、暑い中応援ありがとうございました。
大会2日目は、もっといい試合ができるよう頑張っていきたいと思います。
今後もよろしくお願いします。
----------------------------------------------------------------------------------------

初日はBlueもRedもなかなか満足のいく結果ではなかったようですがまだまだ最後まで諦めずに残された試合を一生懸命がんばって欲しいです。
幹事で準備・運営頂いた横浜栄FCのみなさま、対戦頂いたチームのみなさま、ありがとうございました。

大会役員さんをはじめ、保護者の皆様もたくさんの応援・サポートをありがとうございました。
引き続きよろしくお願いします。

HHC
posted by FCサンダース U-10 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする