2018年12月02日

【4年生】12/2(日) 交流戦:FC六会湘南台・鵠南FC

藤沢市のFC六会湘南台さんにご招待頂き交流戦についてに参加しました。

試合形式:8人制、20分×1

Aチーム結果(Dのみ15分×1)

vsFC六会湘南台-A(0勝2分2敗)
@1-3 ●負け
G:コタロウ
A1-1 △引き分け
G:ユウト、A:コタロウ
B0-3 ●負け
C0-0 △引き分け
vs鵠南FC-A(2勝)
D2-0 ○勝ち
G:カケル、A:オウハ
G:センリョウ、A:カケル
E4-0 ○勝ち
G:カケル、A:センリョウ
G:ミナト、A:サンゴ
G:ミナト、A:サンゴ
G:ミナト、A:オウハ(CK)

Bチーム結果

vsFC六会湘南台-B
@0-1 ●負け
A1-1 △引き分け
G:ルネ
B1-3 ●負け
G:コウスケ
C0-4 ●負け
D0-2 ●負け

六会湘南台さんは藤沢市でU-10のチャンピョンです。
どの選手もボールの持ち方がとてもうまく、早いプレスに球際の強さが備わっており、人が多いエリアでもドリブルや細かいパスで何度も崩されました。
その中でも際立っていたのが決定力です。
シュートを打たれたらほぼゴールされていたような気がします。
正確にコースを突いた強いシュートがとても素晴らしいと思いました。
また、特徴的だったのがオフサイドラインの浅さ。
ほぼセンターラインがオフサイドラインになるぐらい浅く、何度もオフサイドを取られかなり攻めづらそうにしていました。
先方のコーチに話を伺ったところ5年生との紅白戦の中で何度も裏を取られる対策として選手たち自身が自分たちで考えた結果だそうです。

Aチームは厳しい結果となりましたが、Bチームも1試合の引き分けを除いてすべて負け試合となりました。
各選手が全力を尽くしてプレーをしているのはとても伝わってくるようになりましたがまだまだ2人3人と連動したプレーを意識して欲しいです。
個人ががんばるのは当然で、味方が攻めている時、ピンチの時に自分がどうプレーするのかを考えることが重要です。
また、「声を出す」というシンプルですがとても大切な事がまだまだできていません。
Aチームを目指しているのであれば積極的にプレーに参加し、どんどんチャレンジする気持ちを持ってプレーして欲しいと思います。

そして今日は3年生からコタロウ、ユウトの2名に参加してもらいました。
決して人数が足りない助っ人などではなく、県大会メンバーを目指して欲しいとの思いで参加してもらいました。
かなりの強豪相手で普段通りのプレーができなくて悔しい思いをしたかもしれませんが、この経験を必ず次に活かして欲しいと思います。

結果として両チーム共通して何とか引き分けに持ち込んだゲームもありましたが、自力の差を感じずにはいられませんでした。
来週もまだまだ交流戦が続きますので実戦の中で自信の強みを磨いて行って欲しいと思います。

県大会に向けてあまり時間がありませんが、組み合わせも決まったので中央大会進出を目指してがんばって欲しいと思います。

最後になりますが、寒い中遠方まで応援にお越し頂いた保護者のみなさま、応援に加えあたたかい飲み物をご提供頂いたりとサポートありがとうございました。

また、交流戦にご招待頂いたFC六会湘南台さん、対戦頂いた鵠南FCさん、ありがとうございました。
今後ともご交流頂ければ幸いです。

IMG_3252.JPG
posted by FCサンダース U-10 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 交流戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: