2018年11月11日

第76回あすなろ杯サッカー大会決勝トーナメント1回戦

春に続き、決勝トーナメントに進出する事ができました。
春は1回戦敗退と悔しい結果だったので、まずは1回戦を勝ち抜けるよう頑張ってもらいたいと思います。

vs藤の木SC
0-6 ●負け

〜担当コーチ総評〜
1回戦敗退。
藤の木SCは、強かったです。
プレスが速かったですし、気持ちや技術の面でもすばらしいなと感じました。
センターラインは特に強くて上手くて、なかなか突破できませんでした。そのセンターバックに一矢報いようと、ゆうとは果敢にチャレンジしていました。何とかしようという気持ちは伝わってきました。
らいるもセンターハーフに対して、後半は粘り強く守備し、ボール奪取できました。
相手ゴールキーパーも上手でした。グラウンドが少々狭いとはいえ、パントキックでゴール前までボールを送り、チャンスを作っていました。サンダースは浮き玉が弱点なので、見事にそこをつかれてしまいました⤵︎そして、大量失点、、、。

サンダースはほぼサッカーをさせてもらえませんでした。が、良いところもありました。

○らいる→れん(センタリング)→たくみ(シュート) 入りませんでしたが、いい展開でした。
○GKよしひろのナイスセーブ。相手との接触を恐れず、前へ出て相手より先にボールを取っていました。声も良かったです!
○ゆうごのボールへ向かう姿勢。相手より先に触ろうとしたり、体でボールを取ろうとしたりしていました。気迫を感じました。

本日は、私としてもショックが大きかったです。失点した後、取り返そうと選手たちは頑張っていましたが、空回り。
選手たちの良いところを引き出せず、かなりの点差をつけられてしまいました。
悔しかったです。もっといい声かけ、コーチングがあったはず。反省中です。

もっとできるはずの選手たち。
何がよくなかったのか、どうしたらよいのか、しっかり考えたいと思います。

最後になりましたが、大会役員さんをはじめ、保護者の皆さま、応援並びにサポートをしていただき、ありがとうございました。
今回は残念ながら1回戦敗退となりましたが、この悔しい気持ちをバネにもっと強くなれるよう今まで以上に頑張っていきます。
今後も引き続きどうぞよろしくお願いします。

連太郎へ
残念ながら負けてしまいましたが、応援に駆けつけてくれ、ありがとうございました。
連太郎の分も頑張ってもっと強くなりたいと思います。
また機会がありましたら、観に来てください。


残念ながら力の差を感じずにはいられない結果となってしまいました。
担当コーチのコメントにもあるように、球際の強さ、ボールへの寄せの速さ、足元の技術、試合に挑むモチベーション、全てにおいて相手の方が上回っていました。
相手も同じ3年生、言い訳などまったく通用しません。
チームとして強くなるためにもまずは個々がレベルアップするしかないと思います。
各自が具体的な目標を掲げてがんばって欲しいと思います。

最後になりますが、会場を提供頂いた文庫FCさん、対戦頂いた藤の木SCさん、ありがとうございました。
また、大会を通じて準備・サポート頂いた大会役員さん、保護者のみなさま、たくさんの応援をありがとうございました。

HHC


posted by FCサンダース U-10 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: