2021年12月11日

2021年度 第53回国際チビッ子サッカー大会 U-10:2-5ブロック  3日目

本日、国チビ最終日を迎えました。
天候にも恵まれ、絶好のサッカー日和となりました。

早速ですが結果です。

埋蔵文化財センターグラウンド、晴れ。
@vs 西本郷FC 0-0 △引き分け
Avs サザンFC 1-1(前半1-1、後半0-0) △引き分け

1試合目の西本郷FC戦は相手コート中心にサンダースが攻勢に試合を進めます。
安定した守備から前線にボールを運ぼうという意思は伝わってきました。
ただ、オフザボールの動きが少なく、スペースをうまく使う事ができません。
パスの出しどころがなく、無理やりドリブルで仕掛けるも相手の体を張った守備でシュートも防がれてしまいます。

ハーフタイムでは、サイドハーフがもっと幅を取り、相手DFをボールホルダーから遠ざけるサポートも必要だという話をしました。
オフザボールの動きは、パスを受けるためだけの動きではなく、相手DFを遠ざけることでボールを持っている選手がプレーに余裕を与えることができるという事も伝えました。

後半に入り、前半にも増してサンダース主導の試合展開となりました。
ゴール前に迫り得点の雰囲気こそありましたが結果的には1点も奪えずスコアレスドローで試合終了。
今大会3試合目の引き分けとなりました。
ゴールは奪えませんでしたが、後半から出場した両サイドハーフのロドとタツキはハーフタイムのアドバイスを活かし、攻撃に幅を持たせてくれました。

ロドはボールを持ったら少しでも前に進めようと果敢にドリブルでチャレンジし、何度かゴール前へのセンタリングもありました。
タツキも大きな声で逆サイドからボールを呼ぶ声で相手DFを遠ざけるサポートと、自ら幅をしっかりとってボールを受ける動きで攻撃にバリエーションを与えてくれました。

1試合目を引き分けで終えた事で、ブロック優勝の可能性は消えてしまいましたが、最終戦の対戦相手はこの時点で2位のサザンFCさん。
体格の大きな選手、技術の高い選手、複数の選手が連動したプレーで難しい試合になることを想定していました。
試合前に伝えた事はいつもと同じで、前線の選手からしっかりプレスをかけて2列目の選手が連動すること。
ボールを取られたら取り返す。
最後の試合でこれまで積み上げたものをしっかり出し切ろうと送り出しました。

想像していたほどのプレスが無かった事もあり、自分たちのペースで試合に入ることができていました。
1試合目もそうでしたが、DFラインでボールを奪った後、サイドバックのリオト、ユウキ、センターバックのルイが本当に落ち着いていて、つなぐ意識をしっかり持って無駄なパスが無くなりました。
ミスが1つ減り、1つのチャンスが生まれることで2倍の効果があります。
守備陣がしっかり守り、ボールをつないでくれるので、見ていても安心感があります。
1試合目ではスコアレスドローに終わりましたが、センターハーフのリクトが得意のドリブルで仕掛け、最後は転びながらのシュートがゴールに吸い込まれ、見事に先制する事ができました。
個人技のゴールではありますが、ボールを持っていない選手達がスペースを作り、間接的にサポートする事でリクトの前方にスペースができることによって生まれたゴールだと思います。
実力は相手チームの方が上かなと思っていましたが、一方的に攻め込まれることもなく互角に試合を進めていましたが、自陣でボールを失った後、強烈なミドルシュートを一度はGKのヒロムが防ぐもはじいたところに相手選手が詰めていて失点。
前半のうちに追いつかれる展開となりました。

前半の失点の要因として、ボールを奪われた後の切り替え(すぐにボールを奪い返す)ができていなかったことを伝えました。
気温もいつもより高く、2試合目の後半になり体力的にもバテてきており、自陣ゴール前で相手選手をフリーにさせてしまう場面もあり、失点のピンチもありましたが、全員が最後まで諦めずに相手選手に対してコンタクトする事で勝ち越しゴールは許しませんでした。
こちらも何度か勝ち越せるチャンスはあったものの、相手チームも最後まで諦めない守備で必死にプレーしていることが伝わってきました。
最終的には後半はお互いにスコアレスで1-1の引き分けに終わりました。

先制しながらも追いつかれての引き分けで結果としては残念ではありましたが、上記チーム相手に堂々としたプレーで戦う事ができ、本当に良い試合だったと思います。
何より、さぼっている選手がいなかった。

2試合目も全選手が出場し、出場した選手は終始全力でプレーしてくれました。
大会前には、市大会は結果を重視する大会で、試合に出れない選手もいるかもしれないと、選手達に伝えていました。
しかし、今日は2試合とも全員が試合に出場し、自らの役割を果たしてくれたと思います。

国チビ初日では残念ながら試合に出れない選手もいましたが、約1ヵ月の間に選手達の気持ちやプレーの面での差も縮まり、誰が出場してもそれぞれの選手の特徴を活かし全力でプレーする事で戦えるチームになったと思います。
コロナ対策として、試合後の挨拶はないものの、試合後相手選手、審判に対して大きな声で「ありがとうございました!」とあいさつし、次の試合のチームのために、ベンチを早くあけようと選手達主導で行動できたこともとても嬉しかったです。

最終日の2試合を終えて成長した姿を見せてくれたので、コーチからからあげくんとプチシューを選手にプレゼント。

喜んでくれたみたいで良かったですが、最後の最後にまたおふざけが過ぎて叱責されるあたり、らしいというか詰めが甘いところもいつもどおりでした(笑)

終わってみればあっという間の6試合でしたが、真剣勝負の公式戦を通じて大きく成長してくれたと思います。
この成長を促進するためにも、各自サッカーノートで忘れないうちに振り返りをしましょうね。

最終結果は引き分けが4試合と勝ち点を伸ばせずに3位で終了。
春の市大会でも引き分けが多く、負けない、という事は非常に大事ですが、点を取らない事には勝てないという課題に対して引き続きがんばっていきたいと思います。

それでも1試合も負けなかったことは評価できることであり、春よりも高い順位で終えれたことは結果としても成長していると思います。

対戦して頂いた、西本郷FCさん、サザンFCさん、ありがとうございました。

また、大会期間中、グラウンドを提供頂き幹事を引き受けてくださった横浜栄FCさん、ありがとうございました。

最後になりましたが、大会役員(山田さん、辻田さん)をはじめ、審判対応いただいた柴崎コーチ、ありがとうございました。

ケガで活動できないハルキからも試合のたびに差し上げをありがとうございます。
早く一緒にプレーできるのを楽しみに待っています。

保護者のみなさまも引き続き選手のサポートよろしくお願いいたします。

秋の市大会はこれで終了となりますが、同時開催されている栄区大会と年明けの県大会に向けて引き続きがんばってもらいたいと思います。

国チビ3日目結果.png

posted by FCサンダース U-10 at 17:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

2021年度 第53回国際チビッ子サッカー大会 U-10:2-5ブロック  1日目

本日より国チビが始まりました。
緊急事態宣言が明けたとはいえ、まだ無観客での開催です。
早く保護者の熱い応援の中でプレーして欲しいと思う反面、大会が開催されるだけでもありがたいなと思います。

さて、春季市大会の結果から、国チビはU部でのエントリーです。
(春季市大会の成績によってT部とU部に分けれます)

力の近いチームでブロック分けされるので拮抗した試合が予想されます。

2021年度のチームの目標として個人技(基本的な足元の技術)の向上とつなぐサッカーを掲げて活動してきました。
横浜市内のチームが集まるこの大会でどこまで成長できたか実力を測るには絶好の機会です。

早速ですが結果です。

埋蔵文化財センターグラウンド、晴れ。

@vs 78FC西柴 0-0 △引き分け
Avs 横浜栄FC 2-0(前半1-0、後半1-0) ○勝ち

2試合ともに共通して今日は本当に守備が安定していました。
GKのイイユウをはじめ、DFのルイ、ユウキ、リオトが相手の攻撃を身体を張って防いでくれました。
しっかりとした守備も素晴らしかったですが、それよりもマイボールにしてからのプレーに成長が見れました。

これまでは相手が持っているボールを蹴り返すか、マイボールになってもとりあえず前に蹴って、相手にボールを取られてまた守備をするといった悪循環でした。
しかし、今日はすべて明確に意思を持ったプレーを選択していました。
ボールを持っても慌てずに、周りの状況を確認して的確なプレーを選択していました。
(運べるところは運ぶ、かわせるところはかわす、フリーな選手へ正確なパス)
ビルドアップとまでは言えないまでも数本のパスをつなぎ攻撃に転じる場面も見られました。

2021年度始動当初は、止める、蹴るの技術がまだまだで、つなぐサッカーを目指すのは厳しいか?と思う事が何度もありましたが、今日のプレーを見て根気強く継続して良かったなと思いました。
選手達の試合後の満足感からもその様子は伝わってきました。
まだ1日目が終わったばかりですが、この調子でブロック首位を勝ち取って欲しいです。

対戦頂いた、78FC西柴さん、横浜栄FCさん、ありがとうございました。

大会役員さんをはじめ、審判対応いただいたコーチのみなさま、ありがとうございました。

保護者のみなさまも引き続き選手のサポートよろしくお願いいたします。

国チビ1日目結果.png
posted by FCサンダース U-10 at 19:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

【U-10】県大会組み合わせ決定

HHCです。

12/2(日)に「第45回 神奈川県少年サッカー選手権大会」の抽選が行われました。

キャプテンのセンリョウに抽選に参加してもらい、組み合わせ結果が出ました。

〜組み合わせ結果(低学年の部)〜

18knte28.png

普段対戦できないようなチームと対戦できるとても良い機会です。
予選ブロックを勝ち上がり、中央大会進出(県ベスト32)を目指してがんばって欲しいと思います。

その他の組み合わせは以下を参照。




posted by FCサンダース U-10 at 21:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | 公式戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする